Just another WordPress site

CGを利用する

パンフレット作成時にCGを利用するメリットとは

パンフレットは商品案内、サービス紹介などで利用する印刷物です。
商品案内としてパンフレットを利用する場合は、カタログのように写真を中心とするよりも、文章を記載してパンフレットの読み手に伝える事などが求められます。

例えば、家電品のパンフレットなどの場合は、別に商品紹介のカタログを用意している事も有りますが、パンフレットでは個別の商品についての良い所や特徴などを、文章を使って説明を行い、対象となる家電品の魅力を読み手に伝える事が出来ます。
尚、パンフレット作成を行う場合は文章を中心にしてパンフレットの読み手に魅力や内容を伝える必要が在りますが、文章が多くなりすぎてしまうと、魅力がぼやけてしまったり、内容が上手に伝わらないと言った事が起きてしまう事が在ります。

そこで、パンフレット作成を行う場合には、文章では説明がし辛い部分については写真を利用したり、イラストを利用したりして、文章を補うための附図を追加してあげる事で文章を読みながら、写真もしくはイラストを見て魅力を感じさせたり、内容について把握がし易いパンフレット作成を行う事が出来ます。

尚、パンフレット作成を行う場合に、写真やイラストだけでは十分な説明が出来ない場合があります。
また、イラストでも説明が可能であったとしても、イラストを作成するための工数が多く掛かってしまうケースが在ります。
例えば、建物の内部を説明するイラストを製作する場合、イラストを描き上げるのに時間を要してしまうと、パンフレット作成におけるコストも割高になります。
この様な時に便利なのがCGです。

CGはコンピュータグラフィックスの略語であり、ゲームなどでも多様されている描画スタイルになります。
2次元と言う縦方向と横方向のCGもあれば、3次元と言う2次元に対して高さを加えた描画スタイルも在ります。
住宅の間取りなどをパンフレットに掲載する場合、2次元のイラストで平面図のみしか作成する事が出来ませんが、3次元のCGを利用する事で奥行や幅だけではなく、高さを加える事が出来るため、建物の空間そのものをパンフレットに掲載する事が出来ると言ったメリットを持ちます。

CGは人が見たままの状態でイラストを描画する事も出来ますし、人が見る事が出来ない建物の内部図などを表現する時にも利用できるなど、幅広いジャンルで活用されているのですが、パンフレット作成を行う時にCGを加える事で見る側にとって親切なパンフレットを作り出すことが出来るなどのメリットが在ります。