Just another WordPress site

パンフレット作成

製品のパンフレット作成について

パンフレット作成では、どのようなパンフレットを作るのかにより、説明の仕方や伝え方が異なります。
家電品や産業機器、測定器などのような製品パンフレット作成の場合、それぞれの製品の特徴や魅力と言った事を読み手に上手に伝えることが求められます。

尚、家電品、産業機器、測定器、OA機器などのパンフレットは文章を使って読み手に特徴や魅力を伝えると同時に、写真を掲載する事でパンフレットを見る人が理解し易いページを作り上げることが出来ます。
因みに、パンフレットと同様に製品を紹介する印刷物にカタログが有りますが、カタログの場合は写真を中心にして読み手に魅力や特徴を伝えるのに対し、パンフレットは文章を中心にして読み手に伝えると言った違いが有ります。

総合的な製品の紹介や案内などはパンフレット作成を行い、それを見て貰って特徴や魅力を伝え、単品の製品についてはカタログを使って詳しい内容を伝えると言った形で使い分けるケースが多く有ります。

家電品などの場合、冷蔵庫のカタログはそれぞれの冷蔵庫毎にカタログが製作されており、予めこの冷蔵庫を購入したいと考えている人などが読む印刷物であり、パンフレットにはそれぞれの冷蔵庫の簡易的な説明が行われており、どの冷蔵庫にしようかと決めたい時にパンフレットを利用するなどの使い分けをするケースが多く有ります。

そのため、カタログはどの冷蔵庫を買うのかをある程度定めている場合に利用されるケースが多いため、写真を中心にして冷蔵庫についての詳しい情報を入手したい時に利用する印刷物として使われ、パンフレットの場合は一つのメーカーが製造販売を行っている冷蔵庫にはどのような製品が在るのかと言った事を知りたい時に読むなどの使い分けが行われていることが有ります。

しかしながら、パンフレット作成を行う時も、カタログと同様に内容を読み手に伝えると言う役割が在り、パンフレット作成では文章を中心にして冷蔵庫の魅力や特徴を伝えて、自社が製造販売している冷蔵庫のラインナップを紹介すると言った目的が有ります。

また、冷蔵庫の内部構造などをパンフレットに掲載する場合などでは、写真だけでは十分な構造の説明が難しい場合は、イラストを書き起こしたり、設計で利用されている3次元CADデータを流用するなどして、文章を補足するなどの目的で利用する方法もお勧めですし、イラストなどを利用することで読み手に取って理解がし易いパンフレット作成を行うことが出来ます。