Just another WordPress site

コンセプトを明確に

パンフレット作成ではコンセプトを明確にすることが大切

パンフレット作成を行う場合、パンフレットを読む人が、そこにかかれている文章を読んだり、写真を見るなどして、サービス内容や特徴などについて知識を得たり、商品案内を見て購入意欲を掻き立てると言った目的を達成させることが大切です。
また、パンフレット作成では文章だけではなく、適度な写真やイラストを導入し、文章だけで理解させるのではなく、写真もしくはイラストなどにより理解度を高めさせる工夫を取り入れる事が大切です。

パンフレット作成をすると、文章が中心になってしまい、ページを開くとそこには文章がぎっしりと記載されていると言ったケースも有りますが、パンフレットは読むだけではなく、写真やイラストなどを見て特徴や内容、そして知識を得る目的で利用される印刷物です。
また、パンフレット作成にはコンセプトを明確にさせる事も重要です。

コンセプトと言うのは構想や概念と言った意味を持つものですが、パンフレット作成におけるコンセプトは、見る側に対して何を伝えたいのかを明確にすることを意味しており、文章を書いている場合も、そのページの中で何を見る側に伝えたいのかを明確にしておく必要が有ります。
会社案内や学校案内と言った冊子も一つのパンフレットになります。

これらの印刷物は、これから会社との取引を始めようとしている顧客が読む場合や、会社案内を読んで応募してみようと考える入社希望の人などが読む事になります。

会社案内は全てのページが重要な役割を持ちますが、見る側によりページの重要性も変わります。
例えば、会社との取引を行う企業が会社案内を見る場合は、事業内容や得意とする分野などが明確に記載されていることで、取引先企業ではどういったことが出来るのか、可能性はどのような事になるのかと言ったことを知ることが出来ます。

学校案内の場合は、これから学校に入学を希望する学生が読むパンフレットであり、学校の特徴や学校生活がどのようなものになるのかと言った事が明確に記載されている必要が有ります。

このように、パンフレットにはそれぞれの目的が有り、コンセプトを明確にする事で読む側に取って役立つ情報となると言うことです。
また、パンフレット作成を行う時にはデザインを取り入れる事も大切で、デザインを作り上げることで読みやすさが生まれてきたり、コンセプトが明確になるなどのメリットを持ちます。
以上の事からも、読み手に何を伝えたいのかを明確にすること、読み手が目的を達成し易いパンフレット作成を行うことが大切です。