Just another WordPress site

視覚的効果の利点

パンフレット作成に必要となる視覚的効果の利点

パンフレットには会社案内、学校案内、塾案内、医療費控除の案内、旅行ツアー案内、マンションの分譲における案内など、色々な印刷物があります。
ここに挙げたものを見ると解りますが、全てが案内と言う言葉が付いているのをお気付きかと思われますが、パンフレットには何かの案内を読み手に伝えると言う役割が在ります。

カタログなどの場合は、製品の写真を中心にして、製品の特徴や魅力を伝えていくと言った役割が在りますが、パンフレットの場合は文章をメインにして、読み手に何らかの情報を伝えると言う異なる伝達手段で利用されると言った特徴が在ります。
しかし、パンフレット作成を行った時に、全てのページが文章のみと言った場合、読み手となる人は文章を読むのが面倒だと感じてしまい、パンフレットの役割を果たせない印刷物になってしまう事も在ります。

パンフレット作成を行う場合は、文章だけではなく視覚的な効果を得られるレイアウトを行うことが大切です。
視覚的と言うのは、見て理解をさせると言うことになるのですが、パンフレット作成を行う場合もカタログなどと同じく写真やイラストなどを利用して視覚的に内容を伝える工夫を取り入れる事が大切です。

パンフレット作成で文章を書いている中で、文章だけでは表現が難しい場合や文章だけでは意味が通じにくいと言った場合など、写真を入れてあげたり、文章を補足出来るイラストを文中に挿入する事で読み手は視覚的に内容を理解し易くしてくれます。

パンフレット作成を行うページが、最寄り駅から会社までの道案内のページの場合、文章だけで記載されている場合、適切なページとは言えません。
例えば、最寄り駅の東口改札口を出てから、右手方向に100mほど進むと、コンビニエンスストアが有り、そのコンビニエンスストアの先に在る2つ目の信号を右に曲がり、更に50メートルほど進んだ所にあるガソリンスタンドの手前の道を左に入って30メートルほど先にあるビルの3階が当社です。
と言った文章が記載されている場合、道案内の文章としては完璧でも、パンフレットを見る人に取っては理解し難いものとなります。

この場合は、視覚的な効果を取り入れることで、文書の理解力を高める効果を期待する事が出来ます。
一般的には、道案内を入れる場合には地図を使うわけですが、イラストを利用した地図を掲載してあげることで、道を曲がるポイントなどを明確にして読む側にとって理解がし易いページにする事が出来るなどのメリットが有ります。